【サブカル妖怪】火の用心!焼肉焼いても家焼くな!!

マッチ一本火事のもと

自分の国を燃やす王様がいたら面白いなぁという発想でボヤキングが生まれました。

国を治める者が自国に火をつけるなんて、何考えてるのでしょうか。相当危ないですよね。こんなやつ王様失格です。

坊やだからさ。

【サブカル妖怪とは】
わたくしが創作した現代のポップな妖怪です。
今までに出合った人・身近にいそうな人・有名人を妖怪にしました。

 

サブカル妖怪番号  拾参 ボヤキング

ボヤキング

FIRE

【歌詞】

ボーヤ ドーヤ ボヤ騒ぎ
誰の仕業 燃やすのはいけないよ
そーら ほーら バカ騒ぎ
わしはボヤを おこしてばかりなのさ

そーれ ほーれ ボヤ騒ぎ
すべて 焼けろ 燃やすのは楽しいな
どーれ どーれ 野次馬よ
誰が ボヤを おこした犯人だ

それはわしが燃やした ボヤキング

(ボヤキングのテーマ曲「FIRE」より)

 

放火魔は現場に戻る

放火はすべてを奪ってしまうので絶対にやってはいけません。当然、刑罰も重いです。

人のモノ燃やすなら、自分のハートに火をつけるのが一番です。

自分の燃え上がる炎を見て興奮すれば、熱い人間になれるよね。

そして自分を顧みればいいのです。

これで世の中の放火魔の問題は解決された。

 

したっけ!

サブカル妖怪全員集合!

全キャラクターを閲覧できる、サブカル妖怪辞典はこちらから。

サブカル妖怪辞典

© 2020 Moggy